匂いが気になるならこのインナーを着よう

匂いが気になるならこのインナーを着よう

匂いが気になるならこのインナーを着よう

脇の匂いが気になる人は、ともかく匂いが周りに気にならないように気を遣いますよね。
特に、冬の暖房ガンガンの暑い室内で汗をかくと、重ね着をするこの季節は、汗を蒸発させることが難しいため、匂いはこもりがち。
そして、こもった匂いは服につき、やがて空気中へと放たれるのです。
その時の匂いはかなりキツく、周りの人はもちろん、自分にもにおってくることでしょう。
この時程悲しく、自分のことを憎く思うことはないかもしれませんね。

 

 

脇の匂いが気になる人におすすめのインナー

脇の匂いが気になるということは、恐らく過半数の人はワキガということになるでしょう。
その度合いが軽度なものか、重度なのかによって匂いのキツさは変わってきます。
しかし、どの場合であっても、匂いが気になる人におすすめなのは、インナー選びです。
では、ワキガのように脇の匂いが気になる人はどのようなインナーを着るとよいのでしょう。
おすすめは、綿素材のインナーです。
綿100%のインナーは、まず汗をしっかり吸収するとともに、匂いも吸収します。
さらに、通気性にも優れているため、肌に汗が残ったままになったり、匂いがこもりっ放しになってしまうようなことを避けることができます。
また、吸水性に優れて肌ざわりのよい綿×レーヨンのインナーもおすすめです。
天然素材のインナーは、吸水性、通気性に優れているため、匂いが残りにくいのです。
一方で、化学繊維素材のインナーは、すぐに臭くなります。
なかでも、ポリエステル素材は危険です。
インナーとしてポリエステル素材のものを着用していると、脇汗をかいたが最後、すぐにツ〜ンとした嫌な匂いがしてきます。
さらに、ポリエステルは汗を吸わないので、ずっと匂いが続き、狭い室内なら部屋中に匂いが漂ってしまうでしょう。

 

 

インナーは通気性のよいものが◎

化繊は汗を吸わないため、インナーとして着るのはおすすめできませんが、アウターとしてならばよいと思います。
また、天然素材×化繊のものでも、吸水性と通気性がよいものであったり、脇の部分に汗取りパッドが付いていて、ここだけは綿素材のものもあります。
これもまたよいと思います。
しかし、脇汗をしっかりかく人の場合は、パッドの大きさが足りない場合もあるので、大きめパッドのインナーを選ぶのがポイントです。
見た目はあまりよいとはいえませんが、インナーですし、オシャレを楽しむためのアイテムとして、有効活用しみてください。
タンクトップやキャミソールにこういった脇汗パッド付きタイプのものが販売されていますので、これを何着か持っておくと、夏も冬も匂いを気にすることなくオシャレを楽しめるはずですよ。

トップへ戻る